第63回日本伝統工芸展(平成28年)

■搬入期間及び場所

輸送搬入 

(1)出品申込書及び出品料
〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館構内 日本工芸会気付「日本伝統工芸展実行委員会」宛てに、現金書留にて郵送のこと。TEL:03-3828-9789

(2)出品申込書の期限
全部門 7月15日(金)までに、必着のこと。

(3)作品の輸送先
〒273-0017 千葉県船橋市西浦3-7-10 船橋プロロジスパーク船橋4(東京納品代行㈱船橋センター)気付「日本伝統工芸展実行委員会」宛てに、配達日を指定の上、輸送のこと。TEL:047-435-9518

(4)輸送作品搬入の配達指定日
①陶芸部門 7月22日(金)・7月25日(月)
(7/23(土)、24日(日)は受付はしません)
②陶芸以外の部門 8月5日(金)・8月6日(土)
※注意 出品作品には必ず安全を確保し得る梱包をし、外箱等の表には作品名・作家名を明記のうえ、輸送のこと。輸送搬入用外箱(木箱・ダンボール等)は返却しない。


持込搬入 

(1)搬入場所
〒273-0017 千葉県船橋市西浦3-7-10 船橋プロロジスパーク船橋4(東京納品代行㈱船橋センター)内4階「日本伝統工芸展出品受付会場」(作品・出品申込書・出品料持参のこと)TEL:047-435-9518

(2)搬入期間
①陶芸部門 7月28日(木)10時~16時
②陶芸以外の部門 8月8日(月)10時~16時

※注意 陶芸(ただし、茶碗・茶入等は外箱に入れる)を除く出品作品は、必ず安全を確保し得る外箱に入れ、外箱の表にも作品名・作家名を明記のうえ、持込むこと。最寄り駅(二俣新町・西船橋)からの送迎バスはありません。

■出品料

出品料は、1点につき12,000円。2点の場合は22,000円。図録引換券を入・落選通知状に同封する。出品料は、輸送搬入で開梱時に破損が確認された場合を除き、返還しないものとする。

■出品点数

出品点数は1人2点以内とする。

■鑑・審査委員

鑑・審査委員名は、6月末に日本工芸会ホームページにて公表の予定。

■陳列作品

本展に陳列する作品は、日本伝統工芸展規程に基づき鑑査に合格したものとする。なお、地方会場に陳列する作品は、本展に入選した作品のうちから地方展陳列作品選定委員会が選定したものとする。

■賞・入選発表

入選の通知は、書面をもって8月30日(火)に発送して行うほか、朝日新聞朝刊(予定)各地方版を始め日本工芸会が開設するホームページに掲載する。電話等による問い合わせには応じない。

■付帯事業

(1)図録の発行
(2)NHKによる全国放送
(3)陳列品の解説
(4)ホームページへの掲載
(5)文化財保存事業報告の特別展示
(6)「伝統工芸こども鑑賞コース」の実施
(7)その他適当な行事

■作品搬出

作品の搬出に要する費用は、すべて出品車の負担とする。

(1)選外作品の搬出
選外作品の搬出は、実行委員会が通知する期間内〈9月21日(水)・22日(木)〉に預り証と引換えに行う。このうち、輸送を希望する者は、貴重品扱いの着払い(荷造輸送費一切を含む)にて、輸送業者に委託するものとする。到着時期は、10月下旬~11月下旬の予定。

(2)入選作品の搬出
最終展示場より出品者が直接引取れない作品の輸送費用は、すべて貴重品扱いの着払い(荷造輸送費一切を含む)にて、輸送業者に委託するものとする。

(3)出品作品には、展示期間中及び(1)、(2)の作品搬出について輸送委託される場合の保険料を掛けるので、出品申込書C片に必ず「保険金額」を記入する。

 ①事故が起きた際には修理を前提とし、申告価格(出品申込書に記載された作家手取価格)を超えない範囲で修理費の実費を支払うこととする。
 ②関係者の合意により作品の修復が不可能と判断された場合には、申告価格を上限として補償することとする。
 ③申告価格の妥当性について関係者で相違がある場合は、第三者に鑑定を委ねることとし、その鑑定にて算出された評価額での支払いとする。
 ④事故が起きた際には申告価格から掛けられる保険の範囲内のみの対応とする。

■個人情報について

作品写真及び出品の際に記載された情報は、報道機関への入選発表、図録掲載、地方展主催者への資料提供、日本伝統工芸展関係の案内並びに日本工芸会及び日本工芸会が承認するホームページへの掲載等に限って使用する。

■その他

出品作品の該当部門が不明確な場合は、事前に作品の写真を添えて日本工芸会事務局に問い合わせ、正確を期すること。

■資料請求

日本伝統工芸展の出品申込書、開催要項をご希望の方は、「日本伝統工芸展実行委員会」宛てに、92円切手1枚を郵送してください。
〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館構内 日本工芸会気付TEL:03-3828-9789

■開催要項