栃拭漆盛鉢(とちふきうるしもりばち)

細川毅(ほそかわたけし)

受賞
: 東京都知事賞
出品
: 平成27年 第62回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

大きくとられた見込みから上に向かい7本の線を間隔を広げながら挽き、豊かに張り出した端反りへと導く。真横から見た器形の力強さも卓抜で、轆轤回転による挽物ならではの造形美が遺憾なく発揮されている。栃材特有の縮み杢にまず黒漆を塗って研ぎ出した後、20回拭漆を重ねて引き出した変化に富んだ木目もまた魅力的である。(寺尾健一)

栃拭漆盛鉢