硝子切子花器「清溢」(がらすきりこかき「せいいつ」)

氣賀澤雅人(きがさわまさと)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成27年 第62回日本伝統工芸展
分野
: 諸工芸

放射状に立ちあがる力強いカットと、うねりながら口縁へと湧き昇っていくカットが交錯して、大胆で小気味よい凹凸のリズムを織りなす。穏和な吹きガラスの形姿に刻まれた断面には、内底に配した藍色が爽やかな輝きを乱反射させる。噴出する泉のエネルギーをイメージした透明感豊かな造形に、凛とした気品の漂う秀作である。(山崎達文)

硝子切子花器「清溢」