有線七宝水指「早春の詩」

赤井恭子(あかいきょうこ)

受賞
: 鳥取県知事賞
出品
: 平成18年 第49回日本伝統工芸中国支部展
分野
: 諸工芸

銀線は厚さが薄いほど植線が難しく、一般的には高さ1.2ミリ、厚さ0.09ミリ前後がよく使われている。この作品には厚さが約0.05ミリの薄線(ティッシュペーパー2枚の厚さ)が使われ、しかも植線で大変難しいとされる直線が正確に立てられており、彼女の植線の技術力の高さが評価された。図柄は目新しいものではないが、明るく広い空間に小さな動きをうまく整理し、品良くまとめた爽やかさも好評であった。(栗根昭二郎)

有線七宝水指「早春の詩」