紬織着物「仲秋」(つむぎおりきもの「ちゅうしゅう」)

重要無形文化財保持者 村上良子(むらかみりょうこ)

受賞
: 日本工芸会保持者賞
出品
: 平成27年 第62回日本伝統工芸展
分野
: 染織

深まる秋を前に、まだ夏の余韻が残る季節感が、大胆な構成と色彩によって象徴的に表現されている。画面としての強さがありながら、どこかまろやかな雰囲気にみえるのは、輪郭線でそれぞれの地の緯糸を折り返す「はつり織り」によって、色ははっきりと分かれながら、輪郭線がやわらかに描き出されているからであろう。作者の創意と確かな技術が融合し品格をも感じさせる作品である。(唐澤昌宏)

紬織着物「仲秋」