花流水釜(はなりゅうすいがま)

角谷勇圭(かくたにゆうけい)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成27年 第62回日本伝統工芸展
分野
: 金工

口際から肩へとおだやかなカーブを描き、上面の空間を大きくとっている。背中合わせしにした二輪の花を鐶付として、一筋の水の流れをごく薄肉に鋳出している。作者によれば、渓流の水面に落ちた花と、そこから派生する水の流れゆく情景をイメージしたという。すっきりとした形、余分な線を省いた簡潔な地文が涼やかな印象を与える。(原田一敏)

花流水釜