幾何紋銀彩組鉢(きかもんぎんさいくみばち)

多田幸史(ただゆきふみ)

受賞
: 日本工芸会新人賞
出品
: 平成27年 第62回日本伝統工芸展
分野
: 陶芸

シックな品格のある組鉢である。九谷の粒子が粗く、グレーがかった胎に、作者独自の小紋風幾何学文様が見込み部分と立ち上がり外側にバランスよく配されている。下地に黒を焼成後、マスキングを施して銀泥を刷毛で叩き再び焼成し、さらにグラデーションを出すために同様の作業を行い、最後に金泥と銀泥で文様を描き焼き付けた。作者は、例えば赤身魚や赤身肉とそれらに付随した盛り付けを提案する。(佐々木正直)

幾何紋銀彩組鉢