截金飾箱「皓華」(きりかねかざりばこ「こうげ」)

江里朋子(えりともこ)

受賞
: 日本工芸会新人賞
出品
: 平成23年 第58回日本伝統工芸展
分野
: 諸工芸

皓々と白く光り輝く華。まさにタイトル通りの作品が仕上がった。金とプラチナ箔による文様を、白色を微妙に変化させた下地に展開する。方眼紙のように細かく区画された縦横線に対角状の線が交錯し、そのいくつかに華が開く。華は桐花風を込めた雪の結晶スタイルである。五面の文様構成が少しずつ移ろい、白地に消えかかるようなプラチナ箔線など、従来の截金のイメージを超えた清新な作品である。                                     (金子賢治)

截金飾箱「皓華」