鋳ぐるみ鋳銅花器(いぐるみちゅうどうかき)

重要無形文化財保持者 大澤光民(おおざわこうみん)

受賞
: 高松宮記念賞
出品
: 平成12年 第47回日本伝統工芸展
分野
: 金工

銅線の赤は太陽の光を、ステンレス線の白は水をイメージし、 自然の中に溢れるエネルギーを表現。曲面を生かしおおらかで安定した力強い造型。 作者が考案追求している鋳ぐるみ法で、象嵌(ぞうがん)と違った有機的な線文様が 作品に暖かさを感じさせる。 鋳金の深みと重厚さに赤白の線文(せんもん)が調和した秀作である。

鋳ぐるみ鋳銅花器