第54回日本伝統工芸染織展(令和2年)

■趣旨

伝統工芸は、日本人の生活に深く根ざしたもので、素材や意匠に季節感を重視し、四季の変化に心を遊ばせ、人の気持にも細やかにこころくばりするものです。私たちは、変容をつづける社会にあって、永遠に変らない本質を持ちながら一瞬もとどまることなく継承されてきた、伝統本来の姿を「染織」に求め続けます。昭和39年以来、日本工芸会の染織部会展として、芸術的にも歴史的にも価値の高い染織工芸技術の保護・育成と創意ある展開をもとめ日本伝統工芸染織展を開催してきました。このたび、平素の研究成果をあつめて第54回展を開き、ひろく人々のご清鑑を仰ぎ、今後の錬磨に資したいと念願します。

■開催スケジュール

開催地 主催 後援等 日程 会場 列品解説
東京 日本経済新聞社、日本工芸会 文化庁、東京都教育委員会 2020.05.20~ 2020.05.25 日本橋三越本店
地図をみる
◆令和2年5月20日(水) 13:00~
小笠原小枝 (日本女子大学名誉教授)
◆令和2年5月21日(木) 13:00~
二塚 長生(重要無形文化財「友禅」保持者 )
◆令和2年5月24日(日) 13:00~
松原 伸生(型染作家)
(いずれも日本橋三越本店7階催物会場にて)
岡山 日本経済新聞社、山陽新聞社、日本工芸会 文化庁、岡山県教育委員会 2020.05.27~ 2020.06.01 岡山天満屋
地図をみる
京都 日本経済新聞社、京都新聞、日本工芸会 文化庁、京都府教育委員会、NHK京都放送局 2020.06.03~ 2020.06.08 大丸京都店
地図をみる
福岡 日本経済新聞社、日本工芸会 文化庁、福岡県教育委員会、NHK福岡放送局 2020.06.17~ 2020.06.22 岩田屋本店
地図をみる