彩変化花籃(さいへんげはなかご)

藤塚松星(ふじつかしょうせい)

受賞
: MOA美術館賞
出品
: 平成21年 第49回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

竹の軽快さを前面に出して、櫛目編に組んだ花籃である。三角形の竹ヒゴを朱と黒の二色に染め分け、視覚によってグラデーションの色調の変化を見せる。「彩変化花籃」と名付けた由来である。籃花入は、室町時代の茶書に初見されるが、本作品は現代の生活空間に適応したモダンな造形を示している。(内田篤呉)

彩変化花籃