彩変化花籃「天の河」(さいへんげはなかご「あまのがわ」)

藤塚松星(ふじつかしょうせい)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成21年 第56回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

紫と黒に染め分けた三角形に作ったひごは、見る角度によって微妙に変化し、色彩のゆらめきを見せて美しい。作者の長年追求している表現である。また数本の竹材を合わせて斜めの曲線に廻し、天の川を想起させるゆるやかな動きを作っている。内側には平割りの竹を組んでいる。竹組み独特の明快な構成の中に、動きを表現した優れた作品である。                                     (白石和己)

彩変化花籃「天の河」