• 木竹工
  • 欅拭漆刳貫稜線筥

  • けやきふきうるしくりぬきりょうせんばこ
  • 藤嵜 一正
  • ふじさきかずまさ
  • 第56回日本伝統工芸展(平成21年)
    高松宮記念賞
  • 受賞総評
    ゆるやかな曲線と大きな面との構成の対比が見事で、柔らかさの中にもシャープさを感じさせる。北海道で見た丘の連なりから着想を得たというが、相反する造形要素をうまく引き出し、ひとつの形の中にまとめたことで、どちらの特徴もより強調されて、確固とした存在感のある作品に仕上がった。拭漆による色の選択も成功し、重厚感をも醸し出している。                                     (唐澤昌宏)
  1. 公益社団法人 日本工芸会