神代欅拭漆流紋盛器(じんだいけやきふきうるしりゅうもんもりき)

宮本貞治(みやもとていじ)

受賞
: 日本工芸会保持者賞
出品
: 平成24年 第59回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

神代欅(じんだいすぎ)の美しさを生かした作品。鎬(しのぎ)を立てて、四方に広がる複雑な曲線を表している。水の流れから発想したという流紋は、中央からやや外れた位置に柔らかく表されており、余白を大きくとっているため、空間の大きさが感じられる。流紋は盛器の外側にまでつながっており、動きと拡がりが一層強調されている。厚みのある形とともに、文様、空間のバランスもよく、おおらかな雰囲気を持つ優れた作品である。                                     (白石和己)

神代欅拭漆流紋盛器