栃拭漆流紋飾箱(とちふきうるしりゅうもんかざりばこ)

宮本貞治(みやもとていじ)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成22年 第57回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

合口部を細長い楕円とした球体の蓋物で、蓋から底面まで続くぎを巧みに交差させた流紋を施している。中心から離した交差点の絶妙な位置どりと、あえて拭漆を濃くして栃の縮み(虎杢)の木目をさりげなく抑えたことで、その流紋は静寂な空間を走り抜けるかのような動きを見せている。刳物ならではの形状と加飾とが一体となった秀作。                                    (寺尾健一)

栃拭漆流紋飾箱