栃漆塗流文文机(とちうるしぬりりゅうもんふづくえ)

宮本貞治(みやもとていじ)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成7年 第42回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

この作品は、大ケイ木栃材で文机とし、近年特にその物の木厚を問われるなか、 適切な分取りをなし、使用目的を考慮して充分な漆塗りを施しながら、 艶上げも一歩手前に抑え、双方の脚部の流線文は実に美事なシノギを表現している。 ともすれば強い線に成りがちな仕事を、作者の長年の錬磨により、深みのある優品に仕上っている。

栃漆塗流文文机