栃漆塗渦紋盤(とちうるしぬりかもんばん)

宮本貞治(みやもとていじ)

受賞
: 東京都教育委員会賞
出品
: 平成12年 第9回伝統工芸 木竹展
分野
: 木竹工

栃の縮み杢(虎杢)を刳物技法によって盤と成し、制作日数3ヶ月を掛け、ノミや鉋で入念に刳り、すっきりと素直な鎬ぎの美しさは見応えがある。熟練した技と良材の出合を作者の感覚で見事に仕上げている。鎬ぎは琵琶湖の水面に出来た渦巻をヒントに、漆は溜塗を施し磨き上げ、それに拭漆を25回掛けて仕上げた。長年の努力と技の安定した優れた作品である。

栃漆塗渦紋盤