欅拭漆盛器(けやきふきうるしもりき)

宮本貞治(みやもとていじ)

受賞
: 東京都教育委員会賞
出品
: 平成10年 第8回伝統工芸 木竹展
分野
: 木竹工

全体の大きさのわりには厚みのある欅の良材を用い内底をやや浅めに残す事で、置かれた物に軽い浮遊感を与える。外側を二段に削り取る事に依り形態にリズム感を出し、稜縁の流れは胴張りの形態の持つ包み込む性質と拡がり行こうとする力の調和がよく捉まえられ、方形のシャープな見栄を柔らかな雰囲気にかえ、少し暗い目の拭漆の仕上げが全体に風雅な趣きを醸し出している。誠に切味の良いすっきりとした優作である。

欅拭漆盛器