黒柿有線寄木象嵌箱(くろがきゆうせんよせぎぞうがんばこ)

渡辺晃男(わたなべあきお)

受賞
: 東京都知事賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

希少な材である黒柿を用いたこの作品は、宝箱の様に煌めいている。黒柿の器体に錫と黒柿の材で寄木をした文様を象嵌し、黒柿の黒と錫の光を帯びた白線のコントラストが、心地よいリズムを作り出している。天井の花弁は、金伏上に鼈甲を貼り夜光貝をあしらい、さらに内箱は金砂子で開けるとその美しさに驚く。作者の高い感性と技術を窺える優品である。 (松原龍一)

黒柿有線寄木象嵌箱