• 諸工芸
  • 截金飾箱「花の城閣」

  • きりかねかざりばこ「はなのじょうかく」
  • 高瀬 孝信
  • たかせたかのぶ
  • 第43回日本伝統工芸展(平成8年)
    高松宮記念賞
  • 技法
    截金
  • 受賞総評
    神代杉でつくられたやや横長の箱の蓋全面を、截金による精巧細緻な文様で飾った 見事な作品である。純度の高い金箔およびプラチナ箔を細かく截り、 布海苔(ふのり)、膠(にかわ)、合成樹脂などで器胎貼付けて文様を表すが、作者は 箔が剥落しないように一度文様全体を貼付けたあと、透明なウレタン樹脂を掛け、 その上にもう一度箔を置いている。また、作者は既存の文様にもとずくことなく、 一貫して自身の個性的な意匠の創作に専念してきた。 本作品の繊麗な装飾文様がそなえる清新な魅力は、そういう作者の多年にわたる研鑽と 努力のかがやかしいひとつの成果である。
  1. 公益社団法人 日本工芸会