公益社団法人日本工芸会

kogei.hamburger.menu
kogei.hamburger.close
Handbook for the Appreciation of Japanese Traditional Crafts
  • 諸工芸
  • 宙吹青内被硝子花器「春に飛」

  • ちゅうぶきあおうちぎせがらすかき「はるにとぶ」
  • 山口 浩二
  • やまぐちこうじ
  • 第38回東日本伝統工芸展(平成10年)
    奨励賞
  • 受賞総評
    宙吹の技法によるクリスタル硝子の作品である。宙吹とは型を用いずパイプの先端に溶けた硝子を巻き取り、作家の石に沿う形にする技法をいう。この作品は青色硝子を内側に被せ、その上に無色の硝子を巻き取り下生地を作る。そこに空気を入れた透明な硝子を巻き付けて意図的に様々な形の気泡を入れる。「春一番」により海面に波立つしぶきと青色のぼかしによって、作品に動きと作家の意図する海中のイメージを表現した逸品である。
  1. 公益社団法人 日本工芸会