青白磁流水椿文大鉢(かくたにえいめい)

角谷英明(かくたにひであき)

受賞
: 中日賞
出品
: 平成4年 第23回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

この作者の活躍は素晴らしい。このところ連続して入賞され、今年も最高賞を受賞されました。手捻りで造られた白い土の鉢に、黒い土と、茶の土の二種類をシャープな線上に象嵌して、其の上に薄い色の織部釉が掛っている。ものを作ることは、真似や亜流では話にもならずクリエーションでなくては意味がありません。こゝに本当の苦しみと楽しみがあります。二種類の土を象嵌して織部釉を掛ける独自の表現方法と、造形そのものを如何に自分なりのものを見出そうかと、取り組んでおられる真摯な姿勢が好感を呼ぶのでしょう。一層の精進努力され、大きく飛翔されんことを期待しています。

青白磁流水椿文大鉢