青白磁胡蝶蘭図大皿

角谷英明(かくたにひであき)

受賞
: 岐阜高島屋(東海伝統奨励)賞
出品
: 平成7年 第26回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

純度の異なるニ種類の磁器土を使い分けることによって、自然のみずみずしさを引き出しています。構図の難しい胡蝶藍に敢えて挑戦したことにも、作者の意欲が伺えます。省略の効いたヘラ使いの的確さは、外見上の形態を突抜けて、胡蝶の心を表現し得て妙です。素材と技法の関係の把握がしっかりとなされた労作です。作者の年々の心境の深まりから生まれる、更なる成果が楽しみです。

青白磁胡蝶蘭図大皿