白泥流文花器(かくたにえいめい)

角谷英明(かくたにひであき)

受賞
: (社)日本工芸会賞
出品
: 平成16年 第35回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

永年青白磁を追求され、シクラメン・ホタルブクロ・椿など心にのこる文様を見せてくれていました。今回は青白磁の美しい装飾表現から、一転して新しい技法で白磁を使い、土と釉が一体化されているように見え作品で、清楚で温かい仕上がりになっています。大胆な作風ですが形状には細心の注意をはらい、長石を加えた白泥(共土のどべ状)を一気に櫛ベラで掻き上げ、掠(かす)れた分部(虫喰状)も効果的に生かし、しなやかな感性と動きのある完成された作品です。なお、今回3度目の最高賞を受賞された実力のある作家です。

白泥流文花器