花籃「炎の舞」(はなかご「ほのおのまい」)

岐部笙芳(きべせいほう)

受賞
: 文化庁長官賞
出品
: 平成17年 第10回伝統工芸 木竹展
分野
: 木竹工

竹工芸には編みと組みの技法がある。この作品は内側を「すくい編」の技法を用い、外側の胴部に組む技法を用いて内外二重の構成で全体を仕上げている。目に入る表面は柾割りした「ひご状」の素材を朱と黒に色分けし、適当な配分で交互に斜線状に組み込み、色彩の変化と線状の動きで仄かに立ち昇る炎を軽妙なタッチで表現している。又、口縁部を滑らかな左右肩上がりの口造りとし、全体に伸びやかな雰囲気が感じとれる現代的な作品である。

花籃「炎の舞」