花籃「陽映」(はなかご「ようえい」)

岐部笙芳(きべせいほう)

受賞
: 日本工芸会会長賞
出品
: 平成17年 第52回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

端正に成形された花籃を、まるで透きとおる皮膚のような、もう一枚の編が覆っている。ゆるやかに膨らむフォルム、わずかに傾斜する櫛目のラインが、弾力性に富んだ真竹という素材の特性を生かし、この動的な魅力に色調も調和している。陽に映えるとき、どのような表情を見せるのだろう。そんな想いを抱かせる作品である。(山崎剛)

花籃「陽映」