無名異練上花紋鉢(むみょういねりあげかもんばち)

重要無形文化財保持者 伊藤赤水(いとうせきすい)

受賞
: 高松宮記念賞
出品
: 平成9年 第44回日本伝統工芸展
分野
: 陶芸

佐渡の無名異の赤い土と信楽の淡黄色の土と混ぜ合わせて、 赤から黄に至るさまざまな段階の色調をそなえた土をつくり、それらを練り込んで 多くの花紋を組んで合わせている。そのため文様は表から裏へとおっていないが 花紋の色調や構成が複雑になるとともに、装飾全体に深みが増して、豊かな魅力をうみ出している。 練上にあらたな表現の世界をひらいた見事な作品である。

無名異練上花紋鉢