緑釉鉢

鈴木徹(すずきてつ)

受賞
: 東海伝統工芸展賞
出品
: 平成15年 第34回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

作者は、作品の内側に大胆な段差を残すコテ使いを、おおらかなフォルムのロクロ成型を\r\n得意としています。変化にとんだ櫛目を使い、内側全体に強弱の櫛目を残し、繊細な神経がうかがわれています。\r\n濃淡2種類の緑釉を使い分け、釉掛けも調子よく、釉の櫛目への流れも計算されて、\r\n美しく発色しております。\r\n作者の造形にかける思い、焼成にかける思いが結実した秀作です。\r\n今後、作者がどのように新しい感性を盛り込んだ作品を発表されるのか、期待してやみません。

緑釉鉢