緑釉花器

鈴木徹(すずきてつ)

受賞
: 東海伝統工芸展賞
出品
: 平成19年 第38回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

作者がこの数年来追い続けている緑釉の花器です。大らかに挽かれた器胎の表面には、荒めの砂を混ぜた泥が衣装を纏うかのように塗られています。釉は濃淡のある二種類の緑釉を使い分け、ニ種の釉が流れて織り成す様に作り出す複雑な美しさも器面に良くマッチして効を奏しています。作品から伝わる奥行のある茫洋としたスケール感と作者の繊細な感性を窺い知る優品です。今後更なる釉と造型の展開を期待して止みません

緑釉花器