• 染織
  • 生絹着物「水月」

  • 土屋 順紀
  • つちやよしのり
  • 重要無形文化財保持者
  • 第26回東海伝統工芸展(平成7年)
    愛知県知事賞
  • 受賞総評
    「生絹」と書いて、「すずし」と読みます。
    音の響きの如く、作者は涼しげな夏物を織りたいという願いから、紬糸と、この「すずし」といわれる未精練の細い糸を、経緯に巧みに使いわけています。薔薇染めのチャコールグレーと丁字の黄色、臭木のブルーと藍、この色づかいと風合いから、メタリックな雰囲気が見事に醸し出されています。
    作者の想いは、まさに現代の涼やかさとなり、情趣ゆたかな作品となりました。
  1. 公益社団法人 日本工芸会