八角花籃「輝き」(はっかくはなかご かがやき)

上野孝志(うえのたかし)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成26年 第43回日本伝統工芸近畿展
分野
: 木竹工

 地竹、ぬき共に先染めされた極細のヒゴ2本を合わせて編まれている。竹は本来弾力があるため丸くなる性質があるが、それを八角に編み上げるため、作者は強力な熱風を当て弾力を殺す独自の技術を開発した。繊細な籃を仕上げる技術、不断の努力が産みだした秀作である。

八角花籃「輝き」