吹分盤(ふきわけばん)

般若泰樹(はんにゃたいじゅ)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成20年 第47回日本伝統工芸富山展
分野
: 金工

尺二(36cm)の大きさのダイナミックな形状の盤(水盤)を黄銅系と黒味銅系の二種類の鋳物で吹き分け構成している。吹き分け技法は、一点一点と同じものができず、その時の鋳流れの具合いで模様が表現されるが、この作品は、上部に雲または水が流れる力強さを与えるものとなって仕上がっている。形状の大きさと吹き分け技法が合致したものとなった作品である。審査員・重要無形文化財保持者(金工)中川衛

吹分盤