彩刻磁鉢(さいこくじはち)

石橋裕史(いしばしゆうし)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 陶芸

鉢の内・外とも「彩刻磁」の技法により、ブルーのグラデーションをつくり出している。艶を消した静かな外側に対して、内側は口縁にうねりを生むような流動的な文様を削り出し、光沢を持たせた。静と動、そして調和。作者は「生命の営みの永遠の広がりを幾何学文様を用いて表現」したという。深い思索と独自の技法によって生まれた優れた造形である。 (佐々木正直)

彩刻磁鉢