• 陶芸
  • 鉄釉輪文皿

  • てつゆうりんもんざら
  • 久田 重義
  • ひさだしげよし
  • 第46回日本伝統工芸展(平成11年)
    文部大臣賞
  • 受賞総評
    適度に艶のある黒釉の地と、その上に階調(グラデーション)をつけて表された 銀化(ぎんか)の輪(わ)の効果が相まって、黒を基調とするこの皿に気品と 落ち着きのある華やかさを生みだしている。  難度の高い仕事と見られるが、大きさもよく、創意を重視する作者の姿勢が窺える優作といえよう。
  1. 公益社団法人 日本工芸会