有線七宝合子「綴」(ゆうせんしっぽうごうす「つづり」)

河田貴保子(かわたきほこ)

受賞
: 奨励賞
出品
: 平成24年 第52回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展

織に魅せられた作者が、真鍮線を糸に見立て、織り上げた佳品である。釉薬の風合いにこだわり、真鍮線の形態にも、多くの工夫が見られる。配色や真鍮線の密度を変化させ、ここちよいリズムで、観る側を異空間へといざなう。更なる展開が楽しみである。(長谷川房代)

有線七宝合子「綴」