紅型着物「清流に草花文様」(びんがたきもの「せいりゅうにくさばなもんよう」)

玉那覇有勝(たまなはゆうしょう)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成21年 第56回日本伝統工芸展
分野
: 染織

清流に映る花を眺めていると、上流から川面に散った花が流れてきた。作者が内地の川で目にした光景を一枚の型に刻み、紅型に染めた。曲線の構成のなかで水の流れに舞う花びらがリズムを刻み、川面に映える花が流れのなかに見え隠れする。琉球藍の青が涼感を誘いながら、紅型特有の彩りが美しく、型の繰り返しが心地よい。                                     (河上繁樹)

紅型着物「清流に草花文様」