紅型着物「生垣に花づくし文様」(びんがたきもの「いけがきにはなづくしもんよう」)

玉那覇有勝(たまなはゆうしょう)

受賞
: 日本工芸会新人賞
出品
: 平成20年 第55回日本伝統工芸展
分野
: 染織

紅型は、琉球の地に出現して以来、波乱の歴史を経てきた。そうした中で受け継がれてきた技術と意匠が、現代的な感覚の中で融合していると感じさせる作品である。特に王府時代の紅型に見られる明るく華やかな色彩とは少々異なる、品よく押さえられた色調と、小柄ではあるが伸びやかな模様は、新鮮な美しさをもたらしている。                                     (長崎 巌)

紅型着物「生垣に花づくし文様」