紅型着物「菊・梅に水仙文様」(びんがたきもの「きく・うめにすいせんもんよう」)

玉那覇有勝(たまなはゆうしょう)

受賞
: 京都新聞社賞
出品
: 平成23年 第45回日本伝統工芸染織展
分野
: 染織

紅型特有の美しい色彩を用いた着物は、菊、梅さらに水仙を組み合わせた文様で制作されている。一見、花尽くしのようにも見えるが、花の下には、四角形の幾何学文様が見え隠れする。幾何学的な構成と具象的な花を組み合わせた意欲的な作品であり、作者の優れた構成力を見ることができる。(松原龍一)

紅型着物「菊・梅に水仙文様」