紅型着物「若松に梯梧文様」

玉那覇有勝(たまなはゆうしょう)

受賞
: 京都新聞社賞
出品
: 平成18年 第40回日本伝統工芸染織展
分野
: 染織

沖縄県の県花である梯梧は、4月から5月にかけて沖縄のあちらこちらで深紅の花を咲かせて夏の訪れを告げる。その梯梧の花を紅型特有の彩りでとらえ、そこへ十字に図案化した青と緑の若松を組み合わすことで、整然としたなかに華やぎのある紅型独特の美しさを生み出している。若松の青色は梯梧の花が映える沖縄の空の色でもあろうか。

紅型着物「若松に梯梧文様」