燻器(いぶしのうつわ)

今田拓志(いまだたくし)

受賞
: 山陽新聞社賞
出品
: 平成25年 第56回日本伝統工芸中国支部展
分野
: 陶芸

器の内側に向けられた視線が外側へ転じた時、またその逆もあるが、アウトラインの違いにハッとさせられる。その成形時における周到なフォルムの構築が、観る者に不思議な魅力を感じさせる。二種類の融点の異なる釉薬を掛けて、強還元で焼成したことで、落ち着いた色合いを生むとともに、マットな釉調を作り出している。作者が持つ独特な造形センスは、これまでにない新たな器形(うつわがた)の造形の可能性を感じさせてくれる。(唐澤昌宏)

燻器