炭化線象嵌鎬花器

福吉浩一(ふくよしこういち)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成14年 第37回西部工芸展
分野
: 陶芸

炭化・線象嵌の組合せによる花器はこの作家年来の作域であるが、今回はこれに鎬が加わった。そのことがフォルムにまで影響を与えたのであろうか、リズミカルな鎬の諧調が心地よくかつ強い印象を与える。ともすればこれまでの花器はいわば伝統工芸様式とでもいうべき特に個性を感じさせないものであったが、この作品は陶芸ひいては工芸的立体の根幹であるフォルムに新機軸をもたらしたものとして高く評価される。

炭化線象嵌鎬花器