• 陶芸
  • タイ彩幾何文四方皿

  • たいさいきかもんよほうざら
  • 小山 耕一
  • こやまこういち
  • 第43回東日本伝統工芸展(平成15年)
    東京都教育委員会賞
  • 受賞総評
    タイとはチタンの意。釉薬を薄くまばらに掛けることで、吸水性を保った素地に水溶性の塩化チタンで
    幾何文を吹付け、ややもすると表面的な発色になりがちな上絵付を素地にしっかりとくい込ませ、
    落ち着いた表情に仕上げている。轆轤成形による緊張感のあるフォルムと、文様・大きさの
    バランスもよく、作者が独自に追求してきた技術の成果が遺憾なく発揮された最高賞にふさわしい作品である。
  1. 公益社団法人 日本工芸会