白瓷面取壺(はくじめんとりつぼ)

重要無形文化財保持者 前田昭博(まえたあきひろ)

受賞
: 朝日新聞社賞
出品
: 平成12年 第47回日本伝統工芸展
分野
: 陶芸

成形後に面とりを加えることで、作者が意図する白瓷の形をしっかりと表現している。 作品に占める稜の働きや面の明暗の変化にも、ろくろ成形によって生まれた ボディのふくよかさが活かされていて、白瓷にふさわしい風格が漂う。 穏やかな釉調も作者の細やかな感性を寵わせる。

白瓷面取壺