朧銀花器「纏」(おぼろぎんかき「まとう」)

清水竜朗(しみずたつろう)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 金工

曲線の中に鋭いエッジを持つ稜線を設けることで、緊張感を増している。技法は鋳金としては最もオーソドックスな真土型鋳造の焼型である。作者は、なにかふっくらしたものに被膜のようなものをまとわせるイメージを形にした。丁寧に磨き上げられた朧銀の肌は金属器ならではの美しさを主張している。存在感のある花器である。 (本橋浩介)

朧銀花器「纏」