金銀銅杢目金「板目小箱」(きんぎんどうもくめがね「いためこばこ」)

林美光(はやしびこう)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成19年 第36回伝統工芸日本金工展
分野
: 金工

各種の色味の異る地金を熔着した後、彫りを加え、打ち展べて表われた文様を生かして器物を成形する杢目金は、我国独特の技法である。この作品は金銀銅を用いて美しい板目文様の素材を作り、これを箱の天板から側面にかけて流れるように用い、合口にも文様の異る杢目金を飾るなど、繊細なデザイン感覚がうかがわれる。作者は長年にわたり、金を使った特色ある杢目金の作品に取り組んで来た。その成果の一つとして注目に値する佳作である。

金銀銅杢目金「板目小箱」