備前壷

森泰司(もりやすし)

受賞
: 金重陶陽賞
出品
: 平成17年 第48回日本伝統工芸中国支部展
分野
: 陶芸

丸々とどっしりした本体に少し高めの口がつく。ともすれば平凡になりがちな球形を引き締め、新しいフォルムを感じさせるのは、なによりも轆轤による土の立ち上げのパワーという陶芸の芸術の基本に立ち返り、自己の形を模索したことによる。それに特異な口の形が視覚的に強い印象を与えている。(金子賢治)

備前壷