備前大壺

森泰司(もりやすし)

受賞
: 日本工芸会中国支部長賞
出品
: 平成6年 第37回日本伝統工芸中国支部展

豊かな胴のふくらみをもつ堂々とした大壼である。大らかな量感をそなえたのびやかなフォルムを、鋭い口造りが引き締めているが、この両者のバランスがまことに見事で、作者の優れた造形力がうかがわれる。上部一面にふりかかった胡麻が、なだれのように集中して垂れて、迫力のあるけしきをつくり出しているのも、すばらしい。特に新しいところはないが、現代備前焼のもっとも正統的な秀作といえるだろう。(乾由明)

備前大壺