白妙磁彩鉢(しろたえじさいはち)

庄村久喜(しょうむらひさき)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成23年 第58回日本伝統工芸展
分野
: 陶芸

底部の豊かな丸みを矯(た)めて一気呵成に口縁部へと伸展直行する、壮快な胎土の立ち上げがこの白磁鉢の最大の魅力。内外面には、浅い凹凸の削り出しと二種の透明釉の掛分けが、等しい幅で放射状に施されている。この微(かす)かな陰翳(いんえい)と絹布のごとく滑(なめ)らかな光沢の織りなす視覚的律動感が、作品の印象を引き締まったものとしている。(石崎泰之)

白妙磁彩鉢