紋紗着尺「夏川」(もんしゃきじゃく なつかわ)

重要無形文化財保持者 土屋順紀(つちやよしのり)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成11年 第36回日本伝統工芸染織展
分野
: 染織

この作品は、紗に絣で彩りをそえている。紗は透し織物の一種で、経糸が交互左右に位置を変えて組織される●り織りである。経にバラの枝葉で染めた銀鼠と、臭木の実で染めた水浅葱との経絣を配し、地質を石畳紋で構成している。きらめく光の交差や、微妙な味わいがくみとれる。清楚で馥郁とした、香りにみちた美しい薄地織物である。

紋紗着尺「夏川」