久留米絣着物「星斗」(くるめがすりきもの「せいと」)

松枝哲哉(まつえだてつや)

受賞
: 日本経済新聞社賞
出品
: 平成20年 第42回日本伝統工芸染織展
分野
: 染織

深い自然観照に根差した幾何学的構成が斬新である。藍の濃淡を生かし、満天の星の輪郭は緯絣、星々がまたたく大小の白点は経緯絣による。経緯の筋が交互に走る円形は、星が作る多角形であり、かたちの微妙なゆらぎが味わい深い。久留米絣の絵絣と幾何学文様の世界を渾然と一体化し、絣の美の新たな地平を開く意欲作となっている。(道明三保子)

久留米絣着物「星斗」